地震から家族の命を守る家|住宅診断を行うことで良い物件を安く購入できる

地震から家族の命を守る家

外観

何より重要な耐震性

日本人にとって最も恐ろしい自然災害が地震です。阪神淡路大震災や東北地方太平洋沖地震など、近年でも非常に大きな損害をもたらしています。地震で最も被害が大きいのが住宅の倒壊です。住宅の倒壊により、阪神淡路大震災では多くの命が奪われました。そのため、住宅を購入する際には、何より耐震性が重視することが重要です。耐震性が非常に高い工法として知られているのが、ツーバイフォー工法です。ツーバイフォー工法による住宅は、阪神淡路大震災でも東北地方太平洋沖地震でも津波被害を除けば大きな被害はありませんでした。それどころか、まったく補修をしなくとも住み続けることができる住宅が95%を占めています。非常に耐震性が高いことが、多くの被害をもたらした地震で実証されています。

さらに耐震性を高める工夫

ツーバイフォー工法は、床と壁、屋根の6面体で住宅を支えています。そのため、非常にねじれに強いほか、揺れを地面に逃がす特徴があります。この非常に心強いツーバイフォー工法を採用しているのが、大阪や奈良で新築一戸建てを取り扱っているビーバーハウスです。ビーバーハウスでは、さらに耐震性を高めるため様々な取り組みをしています。住宅を建てる際には地盤調査を行い、地震に耐えることができる土地であるかどうかを調べています。必要であればきちんと地盤改良工事を行い、地盤の強度を高めています。また、住宅の基礎部分はベタ基礎を採用しており、地震の揺れを地面に逃がしやすくしています。その他、ビーバーハウスでは家歴書を発行しており、地盤調査結果や構造計算書などを簡単に把握できるようにしています。その家に住む人の命を守るための耐震性を追求しているビーバーハウスの家は、家族の幸せをも守ってくれるでしょう。